女性タレントカレンダーのナゾ なぜ大きい?人気ナンバーワンは?知っているようで知らない、その世界

 書店などのカレンダー売り場。この師走の風景の中で、存在感を放つのが女性タレントカレンダーだ。なにしろ大判。なぜ? 知っているようで知らない女性タレントカレンダーの世界のあれやこれやを聞いてきた。

 誰が作っているの?

 出版社も参入し始めているが、多くはハゴロモ(東京都千代田区)▽トライエックス(埼玉県八潮市)▽エンスカイ(同県草加市)という3社が作っている。いずれもカレンダー専業ではないが、事業の柱の1つに据えている。

 それぞれ得意の販路を持ち、お互いの商品を供給し合ったり、共同のカタログを作ったりと協力関係にある。

 人気ナンバーワンは?

 ハゴロモを訪ねた。カレンダー事業部の桐山智行課長(43)が、女優、石原さとみさんの今年(平成28年)版のカレンダーをめくりながら「何かお気づきになりませんか?」と問うてくる。

 ちなみに石原さんは、今年版の販売数ナンバーワン。(2)広瀬すずさん(3)深田恭子さん-と続く。

 29年版は(1)石原さとみさん(2)深田恭子さん(3)広瀬すずさん。

 石原さんが2年続けて首位を守り、深田さんと広瀬さんがしのぎを削る構図。カレンダー3強女優だ。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ