坂口杏里、小峠連想の作品タイトルは「私が考えてるんじゃないから責めないで」

 セクシー女優に転向したタレント、坂口杏里(25)が19日、ANRI名義のツイッターを更新。2月14日に発売される2作目となる作品のタイトル「芸能人ANRI By KING」は、自分で考えているわけではなくレーベルが考えていると明かした。

 坂口のデビュー作は「芸能人ANRI What a day!!」(MUTEKI)。日本語訳で「なんて日だ」となり、元交際相手のお笑いコンビ、バイきんぐの小峠英二(40)のギャグを連想させるタイトルだったが、2月14日に発売される2作目のタイトルも「芸能人ANRI By KING(アンリ バイ キング)」と、またまた小峠を連想させるものとなった。

 2作目については18日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)にVTR出演した際に、「私が考えたんじゃなくて、レーベルさんが考えて。インパクトがある方が手に持つ方が多いじゃないですか。たぶんそれでそのレーベルの方は…」と語っていたが、坂口はこの日のツイッターでも「DVDのタイトル、私が考えてるんじゃないからあんまり責めないで。笑」とし、「レーベルが考えてるので」と坂口本人が考えているものではないことを改めて強調した。

 フォロワーからは「気にすることないよ」「出演してるだけなのに責めても仕方がないのにね」などと励ます声もあり、「タイトルANRIちゃんが考えたら?」と提案する返信もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ