米倉涼子、美脚全開のミニワンピース姿披露 離婚後初の公の場に

 女優、米倉涼子(41)が26日、東京都内で行われた米映画「ラ・ラ・ランド」(デイミアン・チャゼル監督、2月24日公開)のジャパンプレミアにゲスト出演。昨年末に会社役員の夫(39)と離婚後、初めて公の場に姿を見せた。

 美脚全開のミニワンピース姿で、立ち去り際に報道陣から「独身に戻った心境は?」「今年は心機一転ですか?」と矢継ぎ早に質問が飛ぶも、チラッと視線を向けつつ無言で足早に立ち去った。

 同作は第89回米アカデミー賞で最多13部門14ノミネートを果たしたミュージカル映画。主演俳優のライアン・ゴズリング(36)とデイミアン監督に花束を手渡した米倉は7月に米ブロードウェーで5年ぶりに主演ミュージカル「CHICAGO」の再演が決まっているとあって興奮気味。

 劇中でのライアンの姿にほれぼれしたようで「今日も格好いいけれど、映画の中でも超~格好いい」とうっとり顔。

 オーディション攻略法について、デイミアン監督が「遊び心もあるかというところ。私は遊びができる、ある意味ひねり出したりできる人を探している」と語ると、「参考にさせていただきます」と興味津々に語り、司会からハリウッド進出を質問されると、「う~ん」とひと呼吸置くも、「はい。サンキュー」と前向きに語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ