だいたひかる、壮絶な乳がん闘病生活を明かす「もう死んじゃうんじゃないか…」

壮絶な乳がん闘病生活を明かしただいたひかる

壮絶な乳がん闘病生活を明かしただいたひかる

 タレント、だいたひかる(41)が27日、フジテレビ系『キテレツ人生! なんでこうなった!? 消えた芸能人一斉捜査SP』(金曜後7・57)に出演。結婚3年で乳がんの発症が判明した当時の衝撃や、壮絶な闘病生活を明かした。

 だいたは昨年1月に乳がんが判明。「家系で初めて」という乳がんの突然の告知に、「気が遠くなってあまり覚えていないんですよね。(医者の)言ってることが頭に入ってこなかった」と、事実を突きつけられた衝撃を振り返った。

 がんという言葉に追い詰められたといい、「がんイコール死ぬという構図で、もう死んじゃうんじゃないかって思った」と、絶望しかけたという。

 2013年に再婚した夫でアートディレクター、小泉貴之氏(39)との二人三脚の生活が始まった。夫は家中に、ノートに太い字で「大丈夫」と書いた紙を貼ったという。

 その狙いについて、だいたとともに出演した小泉氏は「少しでも前向きになってほしい気持ちと、自分自身にも言い聞かせていた」と説明した。

次ページだいたは医者から右乳房の全摘出を勧められたときを…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧