松方弘樹さん、スポーツ紙こぞって1面の終幕 弟の目黒祐樹自宅にも撮影クルー

 【芸能ニュース舞台裏】ワイドショーでは、江角マキコさんの自宅に撮影クルーを置くと同時に、松方さんの訃報が届くと弟で俳優の目黒祐樹(69)の自宅、親友の梅宮辰夫(78)の自宅にも撮影クルーを配置した。

 大物俳優の死であったことは、次の日のスポーツ新聞がこぞって1面で伝えたことでも分かる。

 「見出しの多くは『死す』というものでしたが、スポーツ報知だけが『完』。映画『仁義なき戦い』のエンドマークのようで、うまい見出しのつけ方だなと感心しましたね」(週刊誌デスク)

 知人や仕事仲間、かつての映画記者らがエピソードや人となりを伝え、報道に厚みを持たせようとするが、ウェブ媒体デスクが苦笑いした出来事があったという。

 ある民放の芸能デスクが、何度か会っていることを、本人と距離が近いことの証拠のように話した後、こう伝えたという。「仕事は一緒にしてないんですけど」

 「芸能デスクは、映画スターと一緒に仕事をするのではなく、取材やインタビューをする側ですからね」とウェブ媒体デスク。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ