批判と困惑…清水富美加出家騒動の行方 “働き方”に視聴者が苦情、違約金などは裁判で

 【芸能ニュース舞台裏】

 情報番組やスポーツ紙が、一色になっている女優、清水富美加(22)の出家騒動。

 「信教の自由がありますから出家は悪くない、というスタンスを保ちながら、仕事をサボタージュするのは人としてどうか、多くの人に迷惑をかけているという批判を、コメンテーターやキャスターが展開しています」

 番組の立ち位置をそう話す情報番組デスクは、「死にたいというSOSを知りながら、契約があるからと働かせるのかと視聴者の苦情を受けました。安倍首相は働き方改革に力を入れている。芸能界だけが例外となる理由があるのか、とちょっと考えてしまいました。冷静なジャッジが必要でしょうね」と続ける。

 もし出家はなく、ただ心身が疲れ切って芸能活動をやめたいとして、連絡が取れなくなったとしたら、コメンテーターやキャスターは無責任という論戦を張れたのか。

 「元俳優の成宮寛貴さんが突如、芸能界引退を発表したとき、仕事を投げ捨てるのは無責任だという批判はほとんど聞かなかった。成宮さんと清水さんの違いって何」

 一般紙記者はそう疑問を投げかけ、指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ