KANA-BOON・飯田、清水富美加との不倫は「妻との離婚をほのめかしつつ交際を続けた」

KANA-BOON・飯田の謝罪コメントが掲載されたFAX

KANA-BOON・飯田の謝罪コメントが掲載されたFAX

 人気ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)が宗教法人「幸福の科学」に出家した女優、清水富美加(22)と過去に不倫交際していたことが明らかになった件で21日、コメントを発表した。

 ウェブサイトでは「飯田祐馬の報道につきまして」と題して文章を掲載した。

 一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました。

 私は2014年4月に一般人女性と入籍致しました。しかし、私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました。

 2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました。このことで、清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ