清水富美加“ゲス不倫”の陰にベッキー 主演映画の完成披露試写会には現れず…

 宗教団体「幸福の科学」への出家騒動に揺れる女優、清水富美加(22)。“ゲス不倫”が発覚したロックバンド、KANA-BOONの飯田(めしだ)祐馬(26)との破局は、タレント、ベッキー(32)の不倫報道がきっかけだった。

 2人は14年、音楽番組での共演をきっかけに意気投合。飯田はすでに結婚していたが、15年6月から交際に発展した。3カ月後には既婚者であることを告げるも関係は続き、完全に別れたのは16年1月だったという。

 このきっかけがベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(28)の不倫報道だったのだ。報道を知った飯田が「このまま付き合っていたらヤバいと思った」ため、別れることになったという。この後、清水はベッキーがレギュラーだった「にじいろジーン」のレギュラーとなり、そして今回、降板したのは何とも皮肉。

 21日には、清水の主演映画「暗黒女子」(4月1日公開)の完成披露試写会が、清水不在の状況で行われ、W主演の女優、飯豊まりえ(19)が「一緒にここに立てず、すごく残念」と声を詰まらせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ