芸能人SNSやっちまった列伝 不倫暴露の大桃美代子、ほしのあきのペニオク騒動…

 タレントの松本伊代(51)と早見優(50)が線路内に無許可立ち入りし鉄道営業法違反の疑いで書類送検された。それぞれに謝罪会見に臨み、涙をみせたが、きっかけはといえば、線路内に立ち入っている写真を、松本が自身のブログにアップしてしまったことだった。いまやSNSは芸能人にとって重要な宣伝ツールだが、手痛い失敗をしてしまったタレントも少なくない。

 一時は多くのレギュラー番組を抱えていたフリーアナウンサーの長谷川豊(41)もネットで大失敗した一人。昨秋、自身のブログに人工透析患者に対する差別的発言を投稿し大炎上。全番組降板に追い込まれる窮地に陥ったのは記憶に新しい。先日の出馬会見でも反省しきりだった。

 4年ほど前には、シンガー・ソングライターの鬼束ちひろ(36)が自身のツイッター開設直後、タレントの和田アキ子(66)や元タレントの島田紳助氏(60)を名指しし、殺意のにじむシャレにならない過激発言をツイート。一時アカウントは閉鎖され、所属事務所が謝罪する騒ぎになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ