日本アカデミー賞・速報 最優秀作品賞に「シン・ゴジラ」 樋口真嗣監督「いつかこういう日が来る。がんばろう」

 最優秀作品賞は「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督/樋口真嗣監督)が受賞。監督賞など7冠を獲得する結果となった。

 樋口監督は「ありがとうございます。毎日、寝られないなど過酷な条件で映画を撮っている人に、いつかこういう日が来る、といいたい。みんながんばろう」とスピーチした。

 「シン・ゴジラ」は、東京が巨大生物に蹂躙(じゅうりん)される未曾有の事態に、政治家や官僚、自衛官らが全力で取り組む姿を描いた作品。

 無駄をそぎ落としたシンプルなストーリーと、リアリティーを徹底的に追及した作風が強く支持され、大ヒットとなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ