勝地涼&広瀬アリス、ハリウッド“120億円”戦隊映画で声優に!

 俳優、勝地涼(30)と女優、広瀬アリス(22)が7月15日公開の米ハリウッド映画「パワーレンジャー」の日本語吹き替え版声優を務めることが8日、分かった。日本のスーパー戦隊シリーズを原作にした世界的人気を誇る米ドラマが20年ぶりに映画化。勝地はレッドレンジャー役、アリスはピンクレンジャー役で声優に初挑戦。現地時間22日にロサンゼルスで行われるワールドプレミアにも参加する2人が、日本生まれのヒーローを世界に改めてアピールする。

 日本を代表する若手実力派俳優の勝地とアリスが、メイド・イン・ジャパンの世界的ヒーローに変身だ!!

 「パワーレンジャー」は、日本のスーパー戦隊シリーズの特撮部分をそのまま使用し、ドラマパートを外国人キャストで撮り直して全米放送されている人気テレビドラマ。1993年に「恐竜戦隊ジュウレンジャー」を原作にした第1弾がスタートして以降、日本のスーパー戦隊に準じた新シリーズが毎年放送される長寿番組だ。

 米国の子供たちに圧倒的な人気を誇り、94年10月には米子供番組史上最高視聴率となる驚異の91%を記録(2~11歳対象)。おもちゃの品切れ騒動が起こるなど社会現象にもなった“米国で最も成功したジャパニーズコンテンツ”で、95、97年には映画化もされた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ