堀北真希、復帰の意思ないとの証言 メイサ夫妻が反面教師?

 2月28日、堀北真希(28才)の引退発表にメディアは蜂の巣をつついた大騒ぎになった。

 《この度、これまでやってまいりましたお仕事から離れることを決意致しました。現在、私は母になり、愛する家族と幸せな日々を送っています。このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたいと思っています》

 深夜に直筆FAXが出され、翌朝のスポーツ紙は一面。「山口百恵級の衝撃」とワイドショーも席巻した。

 2015年8月に山本耕史(40才)と“交際0日”の電撃婚をした当初から引退を決めていたと報じられる一方、事務所と溝があり、「引退ではなく移籍」とする説も囁かれた。

 「発端は2012年2月、同じ事務所の黒木メイサさん(28才)が赤西仁さん(32才)とデキ婚したことです。一時休業した彼女に代わり、堀北さんに振られる仕事が激増しました。過酷な撮影スケジュールで知られるNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』の終了後も、休む間もなく仕事が続きましたから。あきらかにオーバーワークで、母親が事務所に抗議したこともあったそうです」(芸能関係者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ