【教えて!goo】顔つきまで変わってしまう!? 口呼吸の弊害と鼻呼吸のメリットとは

 呼吸は生きていくために必要不可欠。多くの人が鼻呼吸をしていると思うが、近年、特に喘息などのアレルギーや花粉症などが原因で、口呼吸をしている人もいるという。慢性的に口呼吸を続けていると、体に何か影響があるのだろうか。鼻呼吸のメリットやメカニズム、口呼吸について、長岡内科医院院長の鈴木飛鳥先生に話を伺ってみたところ、口呼吸には顔つきまで変えてしまう弊害があることが判明したので紹介したいと思う。

 ■鼻呼吸のメリットとメカニズム

 本来、鼻は臭覚を担う器官だが、同時に外部の埃や花粉、細菌などから身を守る働きも持っている。鼻による呼吸のメカニズムについて教えていただいた。

 「鼻腔の粘膜に生えている多くの繊毛には、吸気時に埃や花粉などの異物を除去する防塵作用や、湿度を調整する加湿作用、冷たい空気が直接肺に到達するのを防止する加温作用などがあります。それらの働きにより風邪やインフルエンザなどの呼吸器感染症にかかりにくくなるのです」(鈴木先生)

 鼻は、多機能な家電製品顔負けの多くの働きを持っており、口呼吸ではなく鼻呼吸をすることで、以下のようなメリットがあるという。

 「口呼吸ではなく鼻呼吸をすることで、口腔内は唾液で湿り、細菌の増殖を抑制できます。すると虫歯や歯周病になりにくい上、口臭も少なくなります」(鈴木先生)

 また鼻呼吸は、左右の鼻が片方ずつ、約2時間おきに交互に腫脹・収縮を繰り返す「ネーザル・サイクル」により成り立っていると考えられている。このネーザル・サイクルをはじめとする鼻呼吸のメカニズムについては、さまざまな関連文献や報告などが国内外に数多く存在するようだが、鈴木先生のご見解も伺ってみた。

 「鼻の奥にある鼻甲介(びこうかい)と呼ばれる部分が、無意識のうちに左右交互に腫脹・収縮を繰り返すというメカニズムにより成り立っています。これがネーザル・サイクルと呼ばれる周期で、自律神経を司る脳の視床下部が関与していると考えられています。これにより、片方の鼻の通りがよい時は、反対側の鼻の通りが悪くなる現象がみられます」(鈴木先生)

 睡眠中、寝返りを打つのも、ネーザル・サイクルによる鼻の通りが関与しているという説もあるとのこと。脳による制御は奥深いものがある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ