永野芽郁、告白は苦手!?「絶対直接もラインも電話でもできない」

 現役女子高生で女優、永野芽郁(17)が20日、東京都内で行われた初主演映画「ひるなかの流星」(新城毅彦監督、24日公開)の公開直前イベントに、共演の三浦翔平(28)、GENERATIONSの白濱亜嵐(23)、山本舞香(19)と出席した。

 同作は、漫画家、やまもり三香さんの同名漫画が原作。高校を舞台に恋愛未経験のヒロイン、すずめ(永野)と担任教師、獅子尾(三浦)、無愛想な同級生、馬村(白濱)の三角関係を描く物語だ。

 イベントでは「女子高生限定!胸キュン“恋愛相談”教室」が開催され、教壇に立った永野が「告白をするなら、電話、ライン、直接、皆さんならどれですか?」と共演者や観客に質問。

 三浦が「男からなら直接、いくよな」と言えば、白濱も「直接、ズバッと『好きです』」と即答し、来場した女子高生150人から「かっこいい~」と黄色い歓声があがった。

 盛り上がる会場に、永野も「学校の友達以外の同級生と目が合ってる状態で話すことができて、楽しかった」とご満悦。一方で「私は絶対、直接もラインも電話でも告白はできない」と自らの恋愛観を明かした。

 白濱は「恋文ですよ」とアドバイス。永野も「恋文を送ります」と笑顔で応じ、大きな拍手を浴びていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧