「べっぴんさん」から「ひよっこ」へ NHK朝ドラのバトンタッチ、有村架純さん「全力で走りきりたい」

 4月1日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロイン役、芳根京子さん(20)から、同3日に始まる次作「ひよっこ」のヒロイン役、有村架純さん(24)へのバトンタッチセレモニーが23日、東京都渋谷区のNHK放送センターで行われた。

 芳根さんは、「べっぴんさん」の舞台となった神戸特産の「神戸ビーフ」をプレゼント。有村さんは、米や野菜など、「ひよっこ」の舞台となる茨城県の特産物を贈った。米は、有村さんがロケの際に自ら稲刈りしたものという。

 芳根さんは「私の大好きなトマトもいただけてうれしい。朝ご飯にこのお米を炊いて食べながら、『ひよっこ』を見たいと思います」と笑顔。「『べっぴんさん』は来週最終回ですが、最後まで(ヒロインの)すみれの物語を見届けてもらえたら」と話した。

 一方の有村さんも、「まさかお肉をいただけるとは…。このお肉で、スタミナをつけたいと思います」と笑顔で語った。そのうえで、「毎日楽しく撮影しているので、現場の雰囲気の良さが画面越しに伝われば。最後まで全力で走りきりたいと思います」と意気込んだ。

 「ひよっこ」は、茨城県の農家に生まれ育ったヒロイン、みね子(有村さん)が集団就職で上京し、都会の暮らしに戸惑いながらも自らの殻を破り、成長していく物語。昨年11月にクランクインし、今年4月3日にスタートする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ