吉本新喜劇・内場勝則、失礼な記者に感心対応 大阪では超大物なのに「東京では誰も知りませんけど」

 【芸能ニュース舞台裏】

 大阪では超大物、吉本新喜劇の座長、内場勝則(56)が今週、失礼な記者の質問に大物の対応を見せた。

 「大阪名物『なんばグランド花月』の東京版で『東京グランド花月』というライブの開催会見で、東京の記者が内場さんに『東京では誰も知りませんけど』って切り込んだんです。周囲は『何言ってんの、この人』って感じでしたが、内場さんはこれといった反論もせず、ニコニコしていましたね」とウェブ媒体記者が感心する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ