“アパ不倫”青山真麻、ラッセン氏との“交際”告白に東国原「大したツラしてないのに」

 俳優、袴田吉彦(43)との“アパ不倫”で話題となったグラビアアイドル、青山真麻(32)が27日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)にVTR出演。番組の直撃インタビューに応じ、過去に米画家、クリスチャン・ラッセン氏(60)と“親密交際”していたことを明かした。まさかの告白に、タレントの東国原英夫(59)は「大したツラしてないのにね! 誰か黙らせろこれ」と辛らつな言葉で斬り捨てた。

 青山は“アパ不倫騒動”後の1月にも同番組の直撃取材を受けており、その中で袴田以外の芸能人との交際について「仲良くはさせてもらったことはある。俳優さんとかダンサーさんとか。その他5、6人ぐらい」などと赤裸々に語っていた。これらが契機となり、番組出演後はオファーが増えたといい、4月にはヌード写真集を発表することになった。

 その知らせを受けた番組は、再び直撃取材を敢行。青山はインタビューの中で、過去の恋愛エピソードについて問われると「大物の方すぎてめっちゃ緊張しました」「イルカの絵を描いてる人ですかね」とポツリ。スタッフが食いつくとあっさり、「ラッセンさんですね」と実名を口にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ