コメディー舞台初挑戦の永井大、 中越典子の出産時期を「来月なのか、もうちょっとかかるかも…」

 俳優、永井大(38)が29日、東京都内で出演舞台「わらいのまち」の公開げいこに参加した。田舎町の温泉旅館「まつばら」を舞台にしたコメディー。永井は宅間孝行(46)、柄本時生(27)との3兄弟の次男で、「まつばら」の主人役を演じる。

 今回がコメディー舞台初挑戦となる永井。「改めてコメディーの難しさを経験させていただいている。間だったり、言い方だったり、テンポ感だったり、お客さまに届ける表現が本当に難しいんだなって」と奮闘中の様子だ。劇中、「来月生まれる」というせりふがある。私生活では昨年12月に妻で女優、中越典子(37)がインスタグラムで第1子の妊娠を発表。永井は「はい、順調に育っています。来月なのか、もうちょっとかかるかもしれないですし、体調次第によって変わると思うんですけど、順調には育ってくれています」と話した。柴田理恵(58)、鈴木杏樹(47)らも出演する。

 座長の宅間は「芝居はお客さんに育ててもらうもの。チケット代8000円は安くないですが、8000円分楽しませるぞ!という思いだけは満々でキャストスタッフ一同、劇場で待っています」とアピールした。

 公演は東京グローブ座で3月30日~4月12日。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ