テレ朝・青山アナが「怒り新党」最終回で号泣 有吉弘行「そんなやってねえのに」

 テレビ朝日の青山愛アナウンサー(28)が29日、最終回を迎えた同局系「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜後11・15)に出演し、番組のエンディングで号泣した。

 同番組は2011年にスタート。視聴者からの“怒りメール”をめぐって、タレントの有吉弘行(42)とマツコ・デラックス(44)が数々のトークを繰り広げてきた。6年間に届いた視聴者からのメールは23万8037件に上り、その内の1208件を番組で紹介してきたという。

 エンディングで有吉は「始めた当初よりは世間が怒ってる感じしますよ。僕ら以外の人が怒ってる感じ」と世間の変化に触れ、「(今は)怒ってる人見ると恥ずかしい(と思える)」と笑った。マツコは「もう怒れない。千代の富士の『体力の限界』みたいなもんだよね」と話した。

 また、青山アナが「取り繕って好かれようとするよりは、自分らしくいて嫌われてみようと思えるような番組でした」と振り返ると、有吉は「なかなか潔い嫌われっぷりでした」と評価。マツコも「あんまりこういうこと言いたくないけど、私はあなた好きでしたよ、本当に」としみじみ語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ