TBS井上アナ、涙の「ビビット」卒業 言葉にならず「放送事故…」

 TBSの井上貴博アナウンサー(33)が31日、2015年3月の番組開始当初から2年間にわたり進行役を務めてきた同局系情報番組「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)を卒業した。

 番組のエンディングで「視聴者の皆さん、2年間本当にどうもありがとうございました。皆さんに育てて頂きました」と頭を下げた井上アナ。「育てていただいたということで言うと、太一さん、真矢さん…ありがとうございました」と司会のTOKIO・国分太一(42)と女優、真矢ミキ(53)にも、涙で声を震わせながら感謝を述べた。

 続けて言葉を発した井上アナだったが、真矢から「何を言ってるか全然分からないですよ」と突っ込まれると、井上アナは「放送事故…」と苦笑い。

 最後には「今、テレビカメラの後ろにいるスタッフの皆さんに支えてもらっている番組です。視聴者の皆さん、今後ともビビットをよろしくお願いします」としっかり伝えたが、国分にトレードマークであるメガネを奪われ、スタジオは笑いに包まれた。

 井上アナは4月3日から、同局系報道番組「Nスタ」(月~金曜後3・50)にメインキャスターとして出演する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ