人気モデルやミスター東大も!スター揃いの新人アナ、テレビ各局で入社式

 在京民放各局の入社式が3日、東京都内各所で行われ、女性ファッション誌「non-no」の人気専属モデルだった久慈暁子さん(22)がフジテレビにアナウンサーとして入社した。今年の新人アナはほかにも、同局に2012年のミスター東大に輝いた安宅晃樹(あだけ・こうき)さん(24)、TBSには昨年のミス・インターナショナル日本代表、山形純菜さん(22)、東大野球部正捕手だった喜入(きいれ)友浩さん(23)らが入り、スター候補生がズラリ並んだ。

 2014年に地元、岩手・奥州市の広報誌で同郷の日本ハム・大谷翔平投手(22)と対談し、お似合いぶりが話題となった元人気モデルの久慈さんが、フジのアナウンサーとして新たなスタートを切った。

 実は母親もIBC岩手放送の元アナウンサー。昔から憧れの職業で、ナレーションの仕事などをするうちに本格的に目指すようになり、青学大3年生のころからアナウンサー学校に通うなどして猛勉強を積んできた。他局からも内々定があったが、フジを選んだ。

 関係者によると、久慈アナは夢がかなって大喜び。周囲には看板番組の「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)や20年の東京五輪中継などに携わりたい希望を明かしているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ