ヴィルヌーヴ監督「ゆっくり脱いでいくストリップのような映画」 「メッセージ」をPR

 映画「シン・ゴジラ」などで知られる樋口真嗣監督(51)が14日、東京都内で行われた米SF映画「メッセージ」(5月19日公開)を手掛けたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督(49)とトークショーを行った。

 ヴィルヌーヴ監督のファンという樋口監督は「今日は『ボーダーライン』(同氏監督作)のブルーレイを持ってきたんです」とイベント終了後にサインをおねだり。ヴィルヌーヴ監督がペンを走らせると大喜びし、「ボクらは友達だね」と笑顔で分かち合った。

 同作は米作家、テッド・チャン氏の短編小説「あなたの人生の物語」が原作で、地球上に現れた謎の球体型飛行物体を探る言語学者の姿を描く。ヴィルヌーヴ監督は「この作品はとてもゆっくり脱いでいくストリップのような映画。エイリアンのことを1枚1枚はがして、明かしていく構造です」とアピールした。

 「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」を手掛けた前田真宏監督(54)も出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ