桂歌丸、寄席休演し緊急入院「会長は小遊三さんに…」

 【芸能ニュース舞台裏】

 落語家の桂歌丸(80)が出演中の寄席を休演し今週緊急入院した。

 入院直前の楽屋での様子について公演関係者は「酸素吸入器をつけ、無駄な動きはしない。差し入れがたくさん届いているんですが、一切口はつけていませんでしたね。落語への意欲だけで、自分を突き動かしている感じ」と伝える。「退院すると地方の営業に出かける。玄関先で車に乗り、間の移動は弟子が車椅子を押すので、移動の負担はないように見えますが、移動の疲れはたまりますから、入院してもらったほうが周囲は安心できるようです」とも。

 6月には、落語芸術協会の会長任期が切れる。「三遊亭小遊三さんに頼みたい、と周囲には伝えていますよ」 (業界ウォッチャーX)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ