ASKA騒動、第二幕の勃発か!?報道に“法的措置”へ 以前からブログで警告

 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたが不起訴処分となった歌手、ASKA(59)がついに動き出すようだ。23日に更新したブログで弁護士と協議したことを明かし、自身への報道に対する“法的措置”に打って出る構えをみせた。

 23日に「密談。」とのタイトルでブログを更新したASKA。「今日は、夕方から3人の弁護士と最終に近い打ち合わせをいたします」と最新の動向について報告した。

 自身の逮捕をめぐる報道について、「四つの案件を抱えています」と明らかにした。

 これまでの報道に対して「よく受け止めよう」「悪く受け止めよう」という2つの側面に加え、「愉快犯のような表情を持った心理が加わったもの」があったと指摘。

 それについて「昨年末の出来事からは、『目をつぶらない』『つぶってはならない』ものがある」とつづっている。そして、訴訟を起こした際に勝つための準備が整ったとしているのだ。

 「以前からブログでは『法的措置を施す』と警告を続けていました。それがどの部分に当たるのかは明らかではないですが、ブログの内容から昨年末に逮捕された際の報道内容に対して、名誉回復のためにもASKA自身も思うところがあったようです。ASKAの騒動の第二幕が始まるということです」とマスコミ関係者。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ