松井玲奈、初日挨拶でW主演の清水富美加には触れず

 元SKE48の女優、松井玲奈(25)が29日、東京・新宿武蔵野館で行われた主演映画「笑う招き猫」の初日舞台挨拶に出席した。宗教法人「幸福の科学」に出家した女優、清水富美加(22)とのW主演作。騒動を受けて公開自体が協議された経緯があり、飯塚健監督(38)は「報道でご存じだと思いますが、いろいろあったからこそ、今日という日(公開初日)を無事に迎えられてよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 その上で「松井が1人で宣伝を頑張ってくれて、舞台挨拶ができることにいろいろな思いがある」と孤軍奮闘した玲奈をねぎらった。

 玲奈は清水については触れず。タイトルにちなんで「私は○○を招く」というテーマでトークし、「空耳を招く」と聞き間違いが多いことを告白。共演したお笑いコンビ、なすなかにしの那須晃行(36)との舞台挨拶直前のやりとりを挙げ、「那須さんが『トイレに入るのが不可能だ』と言ったのが、『トイレに福山雅治がいる』と聞こえた。スペシャルゲストで1曲歌ってくれるのかと思いました」と明かして笑わせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧