スタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサー、新作長編アニメについて「2019年公開? できるわけがない」

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)が29日、千葉・幕張メッセで開かれた「ニコニコ超会議2017 スタジオジブリ鈴木敏夫 言葉の魔法展」に出席した。2013年9月に引退宣言した宮崎駿監督(76)の新作長編アニメの製作を今年2月に明かした鈴木プロデューサーは「今、絵コンテを書いています。20分くらいできています。完成時期? 分かりません」と現状を説明した。

 公開時期について「2019年公開? できるわけがない」とし、タイトルについては「それはいえません」と笑顔で応じた。また、東京・三鷹の森ジブリ美術館で上映する短編アニメ「毛虫のボロ」の現状を「あとは音だけ。久しぶりにすごくいい。期待してください」と胸を張った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ