内館牧子氏、桜を見て転倒→骨折で全治6カ月「稀勢の里を見たかった」

 作家、内館牧子氏(68)が7日、東京都内で行われた「第7回『忘れられない看護エピソード』表彰式」に出席。右足の中足骨骨折など全治6カ月と診断されたことを明かした。

 審査員を務めた内舘氏は右足膝下をギプスで固定し、車椅子で登場。4月6日に東京都内で桜を見ていた際、段差で転倒したといい、「頭は何でもなかったのですが、右足の中足骨、基節骨が折れていて…」と告白。全治6カ月と診断され、医師に手術を促されたが、「心臓病をしたこともあり、全身麻酔で手術をしたくなかったのでギプスで治そうと」と話した。

 大の相撲好きだけに、14日に初日を迎える大相撲夏場所の観戦について「ギプスは最低3カ月。残念ですが、休場ですかね。稀勢の里を見たかった」と無念そうだった。

 看護の日PR大使を務める女優の川島海荷(23)も出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧