小日向しえ「これからも母として尽力」ココリコ田中と離婚後初コメント

 お笑いコンビ、ココリコの田中直樹(46)と離婚したタレント、小日向しえ(37)が7日、サンケイスポーツにメールを寄せ、離婚について初めてコメントした。

 2日に田中が離婚発表した当日、サンケイスポーツが小日向側にメールで質問状を送付。ツイッターも4月30日を最後に更新せず、沈黙を貫いていたが、本人名義で回答が届き、「私事でお騒がせしてしまった事、返信が遅くなりました事、大変心苦しく思っております。誠に申し訳ありません」と謝罪。「話し合い途中の件もございますので、誠に恐縮ではありますがご質問にお答えする事ができません」と綴られていた。

 離婚については「なかなかご理解はいただけないかもしれませんが私なりに子ども達の事を考えた上での結論」と説明。

 田中が長男(12)と次男(9)の親権を持つが、小日向は「これからも二人の子ども達の母として尽力していく事には変わりありません」と宣言した。

 現在はフリーで活動しているため、対応に困惑していることも告白。「子ども達のためにも一日も早く平穏な日々が戻る事を静かに願うばかりです」と切実に訴えた。

 一方、落語家、月亭方正(49)が7日放送のカンテレ「マルコポロリ!」で、先月下旬に田中から離婚を報告された際、「去年の9月ぐらいから(夫婦の)歯車が合わんようになってきた」と吐露されたことを告白。田中が自宅を購入した時期で、「家買うときにいろいろもめるから、そういうゴタゴタがあったのかな」と気遣った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ