綾瀬はるか、25変化で魅せる♪映画「今夜-」で坂口健太郎とW主演

 女優、綾瀬はるか(32)と俳優、坂口健太郎(25)が来年公開のW主演映画「今夜、ロマンス劇場で」(武内英樹監督)で初共演することが8日、分かった。

 同作は、モノクロ映画から飛び出してきた主人公のお姫様・美雪と、映画監督を夢見る青年・健司の恋模様を描くオリジナルのラブストーリー。

 この大人の恋愛映画のW主演に起用されたのが、映画「海街diary」(2015年)で数々の主演女優賞に輝き、コメディーからシリアスまで幅広く演じられる綾瀬と、映画「ヒロイン失格」など話題作で存在感を見せる坂口だ。

 2人は「海街-」など同じ作品への出演はあるが、演技で絡むのは初。実は、オファー前から2人の当て書きで脚本が書かれており、理想の組み合わせが実現した形だ。

 美雪は、名作「ローマの休日」のアン王女をイメージした気高く美しいキャラクター。アン王女を演じたオードリー・ヘプバーンのように、普段着からドレスまで25パターンの衣装でも魅了する綾瀬は、「坂口さんは健司と同じように穏やかで芯のある方。力を合わせて、心を揺さぶるような作品になるよう頑張ります」と気合十分。

 坂口も「綾瀬さんは、柔らかい雰囲気の中にすごくしっかりとした芯があって、それが役をより魅力的にしているのだと感じました」と“相思相愛”。人気絶頂コンビが、最高にロマンチックでキュートな映画を届ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧