楽しんご、急性腹膜炎で4時間手術「死ぬ手前ぐらいの病気らしい」

 お笑い芸人、楽しんご(38)が急性腹膜炎を患い、約4時間に及ぶ手術を受けて入院していることが9日、分かった。

 所属事務所によると、痛みを感じ始めたのは5日。「胃腸炎ではないか」と自分で判断し、鎮痛剤を飲むなどして翌6日の横浜市内で行われたイベントに出演した。

 だが、痛みは治まらず激痛が走ったため、同日夜に自分で救急車を呼び、東京都内の病院に搬送された。「盲腸が破裂し、腹膜炎になっている」と診断され、7日朝に緊急手術を受けた。今後は様子をみながら退院し、仕事を再開させる。

 9日夕、楽しんごはツイッターに病床で点滴姿の写真をアップ。6日は右脇腹の鈍痛に耐えながら仕事をしたといい、「死ぬ手前ぐらいの病気らしいです。手術も1時間で終わると思いきや、4時間以上掛かり、中で穴が空いててかなり重症だと!!」とつづった。

 4月に都内で行われたイベントに登場した際、テレビ出演が多かったころと比べて体重が22キロ増えたことを告白していただけに、「原因は激太り?」と自虐気味に分析していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧