川崎麻世、声帯萎縮症の手術を受けていた「歌うのは止めようかと悩んだ」

 俳優で歌手の川崎麻世(54)が15日、声帯萎縮症の手術を受けていたことをブログで告白した。数年前から声に変化を感じたため、病院で精密検査を受け、ストレスによる声帯萎縮症と診断されたという。当初は「歌を歌うのは止めようかと悩んだ」と明かすも、スポーツ選手がけがに立ち向かう姿に感銘を受け、一念発起。昨年9月13日に東京・赤坂の山王病院で手術した結果、「声帯の筋肉も元に戻り低音も響きを取り戻す事が出来ました!!」と報告した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ