俳優の日下武史さん死去 劇団四季創立メンバー 86歳、旅行先のスペインで

 劇団四季の創立メンバーの一人で、俳優の日下武史(くさか・たけし、本名・孟=たけし)さんが15日、誤嚥性肺炎のため旅行先のスペインで死去した。86歳。葬儀・告別式は近親者のみで行い、後日、お別れの会を開く。喪主は妻で女優、木村不時子(きむら・ふじこ、本名・日下不時子=くさか・ふじこ)さん。

 昭和6年、東京都生まれ。慶應義塾高在学中に劇作家、加藤道夫の影響で浅利慶太さんらと演劇活動を始め、慶応大在学中の28年、劇団四季を結成。理知的で明朗、緩急自在の圧倒的なせりふ術で高い評価を受け、古典作品からミュージカルまで幅広く活躍した。代表作に「エクウス」のマーティン・ダイサート役や「ヴェニスの商人」のシャイロック役などがある。

 映画では「南極物語」「まあだだよ」などに出演。テレビの人気ドラマ「アンタッチャブル」のエリオット・ネス役の吹き替えや、数々のナレーションでも親しまれた。

 平成3年に芸術奨励文部大臣賞、8年に紫綬褒章、14年に勲四等旭日小綬章など。26年2月に東京・自由劇場で上演された「思い出を売る男」のこじき役が最後の舞台となった。

 ■浅利慶太さんの話

 「慶応高校の1年先輩であり、劇団四季創立以来の同志でもあった日下さんの訃報に接し、悲しみを禁じ得ません。イメージ豊かな明晰(めいせき)なせりふで、多くのお客さまを魅了する素晴らしい俳優でした。在りし日の姿をしのび、心より冥福を祈ります」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧