麻倉未稀、乳がんステージ2だった「歌さえあれば胸がなくてもいい」

 乳がんで左乳房の全摘手術を受けることになった歌手、麻倉未稀(56)が22日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判」(後7・0)で早期のステージ2と診断されたことを明かした。

 番組では、4月6日に受けた健康診断で左胸にしこりが見つかり、同12日の精密検査で2センチになる2つの腫瘍が乳頭方向に伸びていることから全摘を決めた様子を紹介。

 6月に神奈川・湘南記念病院で手術に挑む麻倉は「歌さえあれば胸がなくてもいい。元気に歌っていれば皆さんの力になれる」と気丈に語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ