「渡鬼」女優の野村真美が離婚発表 「残りの人生、新たな気持ちで」

 TBS系人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズの四女・岡倉葉子役などで知られる女優、野村真美(52)が26日、自身のブログを更新し、離婚したことを発表した。「突然ですが、離婚致しました事をこの場でご報告させていただきます」とし、「これからの残りの人生、新たな気持ちで誠実に情熱的に、感謝と共に歩んでまいりたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願い致します」と前を向いた。

 野村は、1985年に日本テレビ系ドラマ「ママたちが戦争を始めた!」で女優デビュー。90年にスタートした「渡る世間は鬼ばかり」で注目を集めた。私生活では2009年1月にテレビ番組の制作プロデューサーとの結婚を発表していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ