リリー・フランキー、役作りに“愚痴”!「天気予報士で火星人で不倫して」

 俳優、リリー・フランキー(53)が27日、東京都内で行われた主演映画「美しい星」(吉田大八監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。

 三島由紀夫の同名SF小説が原作で、自分たちを地球を救うためにやってきた宇宙人だと信じ込む家族の物語。あくが強い役を演じることの多いリリーは「普段はホームレス、殺人鬼、シャブ中の役ばっか、やっているけれど、今回は堅気のお父さん」とブラックジョークであいさつ。

 自身の役どころについて「天気予報士で、火星人で、不倫していて、末期がん。情報が多すぎて役作りもなにもあったもんじゃない」とリリー節を炸裂させた。娘役の橋本愛(21)に向かって「髪の毛を切って、よりUFOを呼べそうになった」といじり倒すなど、終始笑いを誘っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ