過信の怖さ…がん公表の麻倉未稀&中村獅童、「再発」や「転移」気にしながら生きることに

 【芸能ニュース舞台裏】

 歌手の麻倉未稀(56)が乳がん、歌舞伎俳優の中村獅童(44)が初期の肺腺がんであることを公表した。

 「麻倉はテレビ番組の企画で5年ぶりに人間ドックを受けて分かったそうです。芸能人は半年に1度受けている人もたくさんいます。それでも初期の段階で見つかった獅童は幸運。初期過ぎるがんは発見するにも医師の腕がいる。いい医師に当たったということです」(情報番組デスク)

 会見で獅童は「がんと闘っていきます」と神妙に語った。

 「驚いたのは、2年前に脳動脈瘤の手術をしていたこと。それでもまだ自分の体に過信がある。今回はさすがに懲りたようで、たばこはやめるようです。父親も胃がんで亡くしていますからね」(前出情報番組デスク)

 いくら初期とはいえ、自分の体質はがんができるんだと突きつけられるのががんの怖さ。麻倉も獅童も「再発」や「転移」を気にしながら生きることになる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ