“たけしの娘”が新たな挑戦!元カンテレ・竹崎アナ、テレ東入社していた

 カンテレのアナウンサーだった竹崎由佳さん(24)が5月31日に退社し、6月1日付でテレビ東京にアナウンサーとして入社したことが6日、分かった。子役時代に映画「血と骨」(2004年公開)で主演のビートたけし(70)の娘役を演じた経歴を持つ美人アナ。カンテレ時代は「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(日曜後1・59)のアシスタントを務め、テレビ東京は即戦力として期待している。

 “たけしの娘”が新たな挑戦を始める。関西にフレッシュさを届けてきた3年目の竹崎アナ。今度は東京キー局のアナウンサーとして、全国へ声を届ける。

 「私はこのたび、一身上の都合により関西テレビを退社することになりました。突然のことで申し訳ありません」と、6月1日に自身のインスタグラムで退社を報告していた。

 新天地であるテレビ東京の広報部によると、2018年4月入社の採用試験の募集要項に従って応募があり、新入社員として採用。関西テレビと5月31日退社で話がまとまったため、即戦力として来年4月を待たず6月1日に入社となった。初めて放送に声をのせる「初鳴き」や担当番組の予定は決まっていない。

 竹崎アナは青山学院大卒業後、2015年、関西テレビにアナウンサーとして入社。子役時代に映画「血と骨」(2004年公開)で主演のビートたけしの娘役を演じた経歴が話題になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ