小林麻央、乳がん公表から1年 「困惑、不安、湧き出てしまう残念な気持ちに包まれていました」

 乳がんを患い闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)が9日、ブログを更新。1年前のこの日、夫で歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)が自身の病状を公表したことに触れ、「1年前の今日は、私が病気が、突然、公になり、困惑、不安、湧き出てしまう残念な気持ちに包まれていました。そんな中、主人が会見をしてくれて、家族皆の気持ちが落ち着いていったのを今でも思い出します」と振り返った。

 続けて「でも、人生は不思議なもので、何かの大きな力によって、不意に、舵をとられることで、それが望んでいなかったことでも、結果的に、新しい道を開けることがあるということを学びました」と激動の日々に意味を見いだした。

 「私は、舵をとられて、その後隠れて隠れて真っ暗になったので、新しく舵を 取り返しました。それが、ブログでした。今の私の道を作ってくれたブログです。この舵取り事件(笑)は、私の人生において、大きな出来事です」と昨年9月1日にブログを開設した意義を強調した。

 「皆さまとつながり、本当に励まされていました。いつも。ありがとうございます。私も、、、陰ながら、皆さまのコメントを拝読し、祈ったり、応援したり、共感したりさせて頂いてきました。届いていますか??」と読者に呼びかけた。

 最後に「更新できない日もありますが、1日1日の心と記録をここに残す気持ちで書いています。これからもどうぞよろしくお願い致します。そして、この場を与えて下さっているアメブロさんに感謝致します。ありがとうございます」と今後のブログ更新に意欲を示していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧