上戸彩「不倫というテーマに対して毎日考えさせられた」 斎藤工の言葉に号泣 

 女優、上戸彩(31)と俳優、斎藤工(35)が10日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで映画「昼顔」(西谷弘監督)の初日舞台あいさつを行った。

 2014年にフジテレビ系で放送された連続ドラマ版から禁断の恋に向き合ってきた2人。

 斎藤が「上戸さんが(主人公の)紗和として背負った十字架で、この作品は成り立っている。スタッフに声をかけたり、この人のエネルギーはすごい。普段もお母さんだし、大変なこともあると思うけど現場には持ち込まない」とたたえると、上戸は思わず号泣し、「テーマがテーマなので背負うものはたくさんありました。私も仕事を通じて疑似体験をさせてもらって、不倫というテーマに対して毎日考えさせられた」と吐露。

 続けて「紗和とお別れするのも寂しいし、映画が独り立ちするのもうれしい。『昼顔』との出合いはすごく幸せでした」と声を詰まらせた。

 なかなか涙が止まらず、“泣き顔”の上戸が「泣き止まない…。斎藤さんが脱ぎます!」とむちゃぶりすると、斎藤はジャケットを脱ぎだし、「ここまでですよ」とニヤリ。抜群の掛け合いで会場の笑いを誘った。

 ほかに共演の伊藤歩(37)、平山浩行(39)が出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ