めで“タイ”婚!「釣り女」カンテレ・村西アナ、お医者様と幸せ釣り上げた

 カンテレの村西利恵アナウンサー(36)が結婚することが15日、分かった。お相手は3歳上の医師で、今月中にも婚姻届を提出するという。今春には13年半続けたニュースキャスターを卒業。昨年からサンケイスポーツ釣り面で「村西利恵の釣り女にア~ナりたい」を連載するなど活躍の場を広げる中、私生活でも大きな変化が訪れた。

 関西きっての美人アナが、ゴールインすることになった。関係者によると、お相手の男性は39歳の医師。今年1月、共通の友人の紹介で知り合い、5月にプロポーズされたという。今月末にも婚姻届を提出する予定で、挙式・披露宴などは未定。妊娠はしておらず、結婚後も仕事を続ける。村西アナは2010年に一般男性と結婚、12年末に離婚している。

 村西アナは関西学院大から2003年カンテレ入社。3年目の05年10月に「FNNスーパーニュースほっとKANSAI」のメインニュースキャスターになり、今年3月の番組改編で「みんなのニュースワンダー」が終了するのを機に“卒業”するまで、スポーツ担当などを含め13年半にわたってニュースキャスターとして活躍した。

 「今年の初めにニュースから離れると決まったタイミングで出会った方なので、周りの方からは『そういうご縁だったんだね』と言われました。相手の方は穏やかで、優しくて、一緒にいると心からリラックスできます。仕事も趣味も、努力し続ける才能があるところを本当に尊敬しています」と村西アナ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ