高橋真麻、局アナ退社理由はビストロSMAP出演「フジテレビ、やりきったな」

 フリーアナウンサーの高橋真麻(35)が20日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。フジテレビを退社した理由の1つが、昨年12月に終了したフジテレビ系「SMAP×SMAP」の人気コーナー「ビストロSMAP」に出演を果たしたことと明かした。

 同番組では、ジャニーズ事務所を9月に退社すると発表した元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)について討論。真麻は「昨日からずっとSMAPさんの事があるたびに、曲が流れれば流れるほど改めて解散されたことが悲しくて、もう5人で歌っている姿が見られないんだと、改めて解散の大きさが…」とSMAP解散について、改めて胸中を語った。

 お笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきお(42)は「SMAP×SMAP」に出演したことについて、「5人の迫力がすごかった。なんだろう、あの神々しさというか…」と思い出を振り返ると、真麻は「フジテレビを退社した理由はいろいろあるんですけど、局アナ時代にビストロSMAPに出させていただいたときに、『フジテレビ、やりきったな』と思いましたね」と笑いを交えながら告白。MCの坂上忍(50)が「それはおかしいよ。なんでビストロ出たらやりきったになっちゃうの」と突っ込むなど、スタジオは笑いに包まれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧