キムタクと残る…中居“裏切り”の思惑 稲垣、香取、草なぎが9月退社 「事務所去る3人のバックアップ」との声も

 ジャニーズ事務所を9月8日で退社することになったSMAPの元メンバー、香取慎吾(40)、草なぎ剛(42)、稲垣吾郎(43)。独立が目されていた木村拓哉(44)をのぞく4人のうち、中居正広(44)は残留を選んだ。仲間を裏切ることになってまでも残留を決めたワケは何だったのか。その内幕を追う。

 香取ら3人の退社は18日、ジャニーズ事務所が発表した。3人は今月1日にそろって事務所関係者と東京都内で面談し、9月で契約を解除したいと申し出たという。中居と木村については契約更新が確認された。

 事務所は「どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません」とするジャニー喜多川社長(85)の異例のコメントも発表した。

 もともと中居を含めた4人の独立騒動に端を発したSMAPの解散。中居も当初は香取らとともに今年9月で独立し、独立騒動を機に退社した“SMAPの育ての親”でもある元マネジャー女史と行動をともにするとみられていた。

 しかし、4月からゴールデンタイムの3番組でMCを務めるなど、テレビとラジオでレギュラー6本を抱えており、元メンバーではもっとも仕事が順調だ。

 「解散後、番組スタッフに支えられているという意識が高まったそうです。そんな中、自分が独立した場合、番組スタッフに多大な迷惑がかかるという思いから独立には慎重になっていました」とマスコミ関係者。さらに中居と近いスポーツ界の大物が残留を説得したという情報もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ