麻央さん死去一問一答 海老蔵「私が先に逝って、彼女にはもっと幸せに…」

 乳がんで闘病中だったフリーアナウンサー、小林麻央(こばやし・まお、本名・堀越麻央=ほりこし・まお)さんが22日、死去した。34歳だった。

 夫で歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)は23日、東京・渋谷で予定されていた自主公演「ABKAI2017~石川五右衛門 外伝~」の1回目の公演を予定通り、正午から気丈に務め上げた後、公演を行った劇場で午後2時半過ぎに記者会見を開き、「昨日夜に妻、麻央が旅立ちました」と、麻央さんの死去を自らの口で涙ながらに報告した。

 以下、海老蔵の一問一答。

 ――麻央さんの存在は

 「できればずっと一緒にいて、私の方が先に逝って、彼女にはもっと幸せに、もっと楽しく…。家族やお友達や、麻耶さんやお母さまやお父さま、そして私が役者として成長していく過程をずっと見守ってもらいたかった存在です」

 ――子どもの様子は

 「(長女の)麗禾は昨日はずっと麻央のそばを離れませんでした。彼女の横でずっと寝ると言って寝てました。(麻央さんの死を)認識はしてると思いますね。(長男の)勧玄は分かっているんですけど、まだ分かっていないところもあって。今日の朝も麻央の横になってるところに、2人が麻央の顔を触ったり、足をさすったり…。そういうところを見ると、私が今後背負っていくもの、やらなくてはならないもの、子どもたちに対してとても大きなものがあるなと痛感しました」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧