徳光アナ、須藤の結婚宣言舞台裏明かす「迷いの目、お客さんいたら言わなかったんじゃ」

 フリーアナウンサー、徳光和夫(76)が29日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。17日に行われた「第9回AKB48選抜総選挙」で須藤凜々花(20)が結婚を宣言した“騒動”の舞台裏を明かした。

 須藤は3万1779票を集め、前年の44位から20位へジャンプアップ。マイクを向けた徳光は「喜んでいいはずなのに、それを見せなかった」と、違和感を覚えたという。

 番組ディレクターから「次へ」と指示が入っていたが、「目が泳いでいて、意識がもうろうとしている。喜びでもうろうしているのかと思った。指示を受け流してさらに突っ込んだら、結婚宣言が出た」と振り返った。

 徳光は番組MCの坂上忍(50)から「どう思ったんですか?」と問われると、「何なんだろうこの子は。言葉を知らないのかな?と思った」と印象を語り、笑いを誘った。

 さらに坂上が「指示のこともそうだし、スタッフさんもそんなに知っている人、いなかったんでしょうね」と問いかけると、「知ってたのは上層部のごく一部でしょうね」と徳光も同調。続けて「そしたら逆指示が来て、『すいません。引っ張ってください。引っ張ってください』」と逆指令が出たことも明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ