南果歩、夫の不倫報道後初公の場「心身ともに疲れて落ち込んでいた」

 女優、南果歩(53)が4日、東京・渋谷のNHKで行われた同局BSプレミアムドラマ「定年女子」(9日スタート、日曜後10・0)の会見に出席した。

 3月に夫で俳優、渡辺謙(57)の不倫疑惑が報じられて以来、初の公の場。5月から撮影中で、働く50代女性のセカンドライフを描いた同作を「人生賛歌」と表現し、「ちょっと心身ともに疲れて落ち込んでいた時期に巡り合えたのは、神様が引き合わせてくれたご縁」とほほえんだ。

 劇中では、夫の浮気が原因で離婚したシングルマザーで、商社で部長を務めながら役職定年を言い渡される主人公の麻子を熱演。共感できる部分について「若いころは落ち込んでから立ち直るのに時間がかかったりしますが、50代はたくましい。いろんなことを振り返ったときに『私の人生の大切な1ページだった』と、笑顔で語れるようにしようという腹のくくり方が出てくる」と、自身に言い聞かせるように前向きに語った。

 会見には、麻子の友人役を演じる草刈民代(52)、清水ミチコ(57)、石野真子(56)も出席。ほかにママ友役の菊池桃子(49)、麻子の後任部長役の高野志穂(37)らも出演する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ