中年男同士の友情と愛犬のけなげさが心を打つ 映画「しあわせな人生の選択」

 【エンタなう】

 延命拒否をして老犬と暮らす中年男と、彼を取り巻く人々の4日間を描いた映画「しあわせな人生の選択」。深刻な題材ながら、ユーモアに富んだ人生賛歌だ。スペイン版アカデミー賞「ゴヤ賞」で5部門を受賞しているのも納得。

 舞台はスペイン・マドリード。ちょいワル親父の俳優フリアン(リカルド・ダリン)は医者に末期がんを宣告されるが、治療せず、身辺整理を始めた。そこに、古い親友のトマス(ハビエル・カマラ)が心配してカナダから訪ねてくる。トマスの説教に悪態をつくフリアン。やがてトマスとの遠慮ない友人関係が昔のように戻ると、共に犬の里親探しをしたり、離婚してから疎遠になっていた大学生の息子をオランダに訪ねたりと、自由にふるまう。

 死期を悟った俳優仲間はカフェで会っても知らないそぶり。かける言葉に詰まり、無視されるほどつらいことはない。一方でフリアンのわがままを受け止め、終活に付き合うトマスとの男の友情が救いだ。息子と再会した後、「ちょっと泣いてくる」と素直に言える友達関係は、そうない。

 この映画、主人公が亡くなる壮絶な場面は出てこない。代わりに、もうすぐ主を失う老犬を安心できる里親に託すことができるかが、クライマックスのひとつなのだ。原題の「トルーマン」はこの老犬の名前。飼い主の寂しさを一番理解しているトルーマンの従順な仕草が心を打つ。

 東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、大阪・テアトル梅田などで上映中。順次全国公開。 (中本裕己)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ