清水富美加さんが女優業再開 映画に出演&主題歌も 「久々のお芝居だよー まじ泣く」

 今年2月に宗教団体「幸福の科学」に出家して「千眼美子(せんげん・よしこ)」の法名で活動している女優の清水富美加さん(22)が、幸福の科学出版が製作する新作映画に出演することが12日、所属事務所から発表された。

 清水さんが所属する教団の芸能事務所「ARI Production(アリ・プロダクション)」によると、映画のタイトルは「さらば青春、されど青春。」。教団の大川隆法総裁が製作総指揮を務め、主演を大川宏洋さん(28)、ヒロインを清水さんが演じる。「誰も描けなかった青春と恋の物語」としており、公開は来年初夏の予定。

 清水さんの役名は額田美子で、映画主題歌「眠れぬ夜を超えて」にも挑戦する。清水さんは自身のブログに泣き顔の絵文字入りで「久々のお芝居だよー まじ泣く」と喜びを表現。「“役をいただく”ということがどれほど有難いことなのかが“痛いほど”に分かります」と、久しぶりの女優業に感無量といった様子だ。

 清水さんは6月20日に所属していた芸能事務所のレプロと契約が満了し、教団が新たに設立した「ARI Production」に「千眼美子」名義で所属した。(WEB編集チーム)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ