中村獅童さんが11月に舞台復帰 妻・沙織さん妊娠5カ月 ダブルの喜び

 5月に初期の肺腺がんを公表し、治療のため休養していた歌舞伎俳優の中村獅童さん(44)が28日、東京都内で記者会見し、11月1日から始まる巡業公演「松竹大歌舞伎」で舞台復帰すると発表した。「義経千本桜 すし屋」の大役、いがみの権太を初役で演じる。

 ダークスーツ姿で登場した獅童さんは会見の冒頭、「体調も順調に回復しておりまして、秋の巡業の公演、予定通りやらさせていただくことになりました」と晴れやかな表情であいさつ。

 報道陣から「お肌もツヤツヤ」と指摘されると笑顔を見せ、「そうでしょう? この間空港で会見したときは手術前でしたが、ニュースをごらんになった一部の方から『手術して、あんなに顔がむくんで、眉毛が抜けて』と言われましたが、普段通りだったんです。むくみはもともとで、眉毛が薄いのも生まれつき」と笑わせた。

 ただ術後は体力が低下し、咳も出たという。「ようやく収まって食欲もある。今は毎日スポーツジムでトレーニングしており、体力も7割8割戻った」と回復ぶりをアピール。療養中は妻、沙織さん手作りのニンジンジュースを毎日2リットル飲み、無農薬野菜を食べるなど、食生活にも注意したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ