斉藤由貴、W不倫疑惑を会見で否定 “恋人つなぎ”は「一瞬のこと」

 妻子のいる50代の主治医とのW不倫疑惑を「週刊文春」に報じられた女優、斉藤由貴(50)が3日夜、東京都内で記者会見を行い、相手の男性について「家族でお世話になっているお医者さんです」と疑惑を自らの口で改めて否定した。

 仕事の合間をぬって東京都内で開かれた会見には、約100人の報道陣が集結。予定時刻より遅れたため、斉藤は「お待たせしてすみません」と頭を下げ、会見が始まった。

 「週刊文春」は、横浜市内で2人が手を“恋人つなぎ”で歩く親密ショットを掲載したが、斉藤は「映画を見に行って、私が疲れていたこともあって、よろけたときに支えてくれただけ。一瞬のことだと思います」と説明した。

 1994年に結婚した2歳上の一般男性との間に3人の子供がいる斉藤は、妻子のいる50代の主治医とのW不倫疑惑があると2日更新の「文春オンライン」が報じると、同日夜に所属事務所を通じて書面でコメントを発表。「女優生命を支えてくれているコーチ的な存在。トレーナーと選手のような間柄」と不倫関係を完全否定していた。

 また、3日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・0)でインタビューに応じた医師も「長年にわたって、斉藤由貴さん並びにご家族の方の主治医として、しっかりと責任を持った立場で拝見させてもらっています」と疑惑を否定していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ