TBS、VRで“月面探査”を体験できるブースが大人気 芸能ショナイ業務話

 東京の民放各局では夏の恒例イベントで大にぎわいだが、東京・赤坂のTBSで開催中の「デリシャカス2017」(31日まで)では、バーチャルリアリティー(VR)で“月面探査”を体験できるブースが大人気となっている。

 日本の民間月面探査チーム「HAKUTO(ハクト)」とTBS宇宙プロジェクトがコラボした「au × HAKUTO MOON CHALLENGE」で、VRゴーグルを装着すると約3分間、360度の“月世界”を体感できる。

 最新技術を駆使した映像は宇宙航空研究開発機構の映像データなどをもとに、20年後の月面を想定して製作。月面といえば、荒涼とした大地が広がるイメージだが、今回のVRでは巨大なクレーターなどリアルな月面に加え、人類の英知を結集した宇宙ステーションなども出現する。

 今回は熱戦を独占中継した「世界陸上ロンドン」のブースを引き継いだ形で14日から開催。宇宙へのロマンと知的好奇心をくすぐる内容が話題となり、初日から最大で50分待ちの盛況ぶりとなった。お盆の時期ということで親子連れが目立ち、VRゴーグルをつけた子供たちからは「すごい!」などの歓声が上がっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ